インタビュー|神戸市 六甲道の歯医者・歯科|さくらね歯科医院

〒657-0036
兵庫県神戸市灘区桜口町2-2-10
エクサーグ六甲1F

メニュー メニュー

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

アットホームな雰囲気と気さくなコミュニケーションで、患者さまの不安や緊張を和らげたいと思います

どの治療をする際も、私は患者さまとたくさんお話しするように心がけています。治療内容についてお伝えするのはもちろん、ご家庭のことやお仕事のことなどを話題にすることもあります。このようなコミュニケーションを通して、患者さまがリラックスして治療を受けられる雰囲気作りができたらと思います。

歯科医師としてやりがいがある、補綴(ほてつ)について研鑽

私は大学を卒業後、大学病院の補綴科に勤務して診療しながら研鑽を重ねました。補綴というのは、詰め物やかぶせ物、ブリッジ、入れ歯といった製作物で失われた歯の機能を補うことです。あらゆる医療のジャンルの中でもとても歯科医師らしい領域なので、補綴科を選びました。

失われた歯の本数が多くてお口の状態が悪いほど、補綴の役割は大きく、治療する歯科医師の技術が重要になります。そうした点に私はやりがいを覚え、補綴について学びを深めています。

たくさんお話しするのは、患者さまに親しみを持っていただくため

当院に来てくださった患者さまと、私は時間の許す限りコミュニケーションを取るようにしています。治療内容のご説明に加えて、お嫌でなければプライベートな話題でもたくさんお話しできればと思います。

私自身が話好きということもあるのですが、それが患者さまにとって親しみやすい雰囲気となり、緊張をほぐすことにつながれば幸いです。

スタッフにも、アットホームな応対を呼びかけています

アットホームな医院作りは、私だけではできません。患者さまの緊張や不安を和らげ、また次も来たいと思えるよう、スタッフにも気持ちの良い応対をするよう呼びかけています。実際、当院のスタッフはやる気と活気があるメンバーばかりですので、患者さまともいい関係を築いてくれていると感じます。

「良い治療」とは、なるべく再治療せずに長持ちすること

私が考える「良い治療」とは、治療した箇所が再発せず、再治療の必要なく長持ちすることです。それは、歯科医師の治療技術だけでは実現できません。患者さまのセルフケアとメンテナンスのための通院があってこそですので、末長いお付き合いができればと願っています。

きちんと診療できた実感があると、歯科医師冥利に尽きます

患者さまときちんとコミュニケーションをとり、きちんと治療できたと感じられるときが、私自身も気持ち良く、歯科医師をしていて良かったと思う瞬間です。こちらがお金をいただく側にもかかわらず患者さまにお礼を言っていただくこともあり、胸が熱くなります。